家族葬|葬送なびで検索|エンディングノート/家族と自分のために|201209-No3

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.01

〈エンディングノート〉で人生を豊かにする方法。




3/愛する家族と自分のために、小さなノートができること


家族やパートナーの死をきっかけに、エンディングノートを用意したという人も少なくありません。関係が良好でも、人生の終わりに関する話題は口にしにくいものです。最期の看取りやお別れに際して困ってしまった経験や、「本当にこれで良かったのか」という迷いは残された者の心に長く残ります。

大切な家族が少しでも戸惑わないように。そして、いつまでも悲しみにとらわれず未来へと踏み出せるように、今、自分にできることは何だろうか…? その回答のひとつとして、このノートが選ばれているようです。

また一方、これまでの人生を振り返り、支えてくれる人の輪を再確認する作業は、明日を生きる活力にもつながります。家族のために、これからの自分のために、エンディングノートを作ってみませんか? 項目が埋まるにつれて、昨日とは違う何かが見えてくるかもしれません。





»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ



週刊葬送なび vol.10 自分の葬儀を考える

     »1/元気なうちに自分の希望を伝えましょう。

     »2/自分の「葬儀」を自分で考えるメリットは?

     »3/考え方をエンディングノートに記入する。


週刊葬送なび vol.28 多産多死から少産多死、そして少産少死社会へ。

     »4/高齢化社会の到来とお葬式のこと