家族葬|葬送なびで検索|自分の葬儀を考える/元気なうちに自分の希望を伝えましょう|201306-No1

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.10

自分の葬儀を考える




1/元気なうちに自分の希望を伝えましょう。


「葬儀は残された遺族が執り行うべきもの」は一昔前の考え。最近は「自分の葬儀は自分で決める」という人が増えてきています。

自分の最期を生前に準備する、終焉に向けた活動を「終活」と呼ぶようになりましたが、高齢化や核家族化が進んだ現在は、家族が離れた場所に住んでいるという方だけでなく、一緒に住んでいても「家族に迷惑をかけたくない」「自分らしいお別れをしたい」という考えを持つ人が少なくありません。

しかし、葬儀は死者のためだけのものではありません。死者との別れの時を過ごす、残された遺族や友人のためのものでもあります。本人が葬儀は小規模でいいという考えを持っていても、遺族は別の考えを持っているかもしれません。またその逆で、本人は大規模の葬儀を行いたいと思っていても、家族は小規模で十分という場合も。

あなたの希望の葬儀を執り行うには、生前に必ず家族や親戚、知人・友人に伝えて、了解を得ておくようにします。その際、あいまいな言い方ではなく、詳細をつめた具体的なプランを用意しておくことが肝心です。

次回にそのプランについて説明します。





»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ



週刊葬送なび vol.01〈エンディングノート〉で人生を豊かにする方法。

     »1/年齢を問わず、持つ人が増えています。

     »2/すべてのエンディングノートに共通する内容とは?

     »3/愛する家族と自分のために、小さなノートができること


週刊葬送なび vol.28 多産多死から少産多死、そして少産少死社会へ。

     »4/高齢化社会の到来とお葬式のこと