家族葬|葬送なびで検索|いまどきのお墓事情/家族とは別のお墓に入りたい|201307-No1

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.11

いまどきのお墓事情。こんな時、どうする?




1/家族とは別のお墓に入りたい。


「家族とは信仰する宗教が違う」「実家のお墓に入りたい」「長年連れ添った夫婦でもお墓は別がいい」など、事情もお墓への想いも人さまざま。このようなお墓の問題を解決するためには、ご自身の意思を早めに家族に伝えることが最重要ポイントです。

死は突然に訪れることも考えられます。意思を伝えていないと残された家族は、ご遺骨を納める場所(家墓や納骨堂など)がすでにあれば、迷うこともなくそこに納めることになるでしょう。「別のお墓に入りたい」というご意思をお持ちであるならば、早めに家族や親族の理解を得て準備を始めるべきです。

新しく墓地や納骨堂を用意するとなると、費用や管理の問題が発生します。元気なうちにこうした問題の解決策を見いだしておきましょう。

実家のお墓に入りたいという場合には、実家のお墓を継いでいる人に了解を得ることが必要です。また、お墓が寺院墓地にある場合には、宗旨・宗派の違いで受付けていただけない場合もありますので、寺院墓地の条件などを調べておく必要があります。





»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ



週刊葬送なび vol.09 お墓の視点から埋葬のカタチを考える

     »1/墓石(屋外)

     »2/納骨堂(屋内)

     »3/共同墓


週刊葬送なび vol.23 墓じまいという考え方

     »1/墓じまいという言葉を聞いたことがありますか?

     »2/まずは親戚や親しかった方に相談しましょう。

     »3/いままでお世話になった寺院へは必ず相談しましょう。

     »4/墓じまいの手順とその後の遺骨の供養について。