家族葬|葬送なびで検索|通夜・葬儀での遺族・親族の服装マナーについて〔仏式・神式〕|男性/ブラックスーツが一般的|201310-No1

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.13

通夜・葬儀での遺族・親族の服装マナーについて〔仏式・神式〕




1/男性 ブラックスーツが一般的


洋装・和装の正式礼装が遺族・親族の服装マナーとされていましたが、現在では略礼装のブラックスーツが一般的です。男性の場合は通夜も葬儀も同じ服装で問題はありません。

以前は遺族・親族も通夜には礼服を着用していませんでした。しかし、最近では通夜にも礼服で出席する弔問客が多くなることにあわせ、遺族・親族も礼服で迎えるようになってきています。ただし、身内だけで通夜を行う場合の服装に決まりは特にありません。


略礼装として着るブラックスーツのポイント

・シングルでもダブルでも可。身内で式を執り行う場合は濃紺や濃いグレーのダークスーツの着用も可。

・ワイシャツは白無地、ネクタイは黒無地でネクタイピンはつけません。

・靴は光沢のないシンプルな革靴でソックスは黒無地を着用します。

・派手な時計やアクセサリーはつけません。

・カフスボタンをつけるなら黒石のものを選びましょう。





»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ