家族葬|葬送なびで検索|通夜・葬儀での遺族・親族の服装マナーについて〔仏式・神式〕|女性/準礼装|201310-No4

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.13

通夜・葬儀での遺族・親族の服装マナーについて〔仏式・神式〕




4/女性 準礼装


 一般的な「喪服」です。遺族・親族も通夜葬儀ともに準礼装にする人も多くなっています。洋装の正式礼装に比べて、素材やレース、地味目な織柄など流行を取り入れたデザインが許されています。参列者でも、故人とのつながりが深い場合は「略礼装」よりも準礼装にしましょう。



●準礼装のポイント

・ブラックフォーマルのアンサンブルやスーツなど。

・アクセサリーをつけてもよいが、素材・デザインには注意する。

・ネックレスをつける場合は、黒か白の真珠の一連のものにしましょう。二連・三連のネックレスは不幸が重なるとして葬式にはタブーです。

・ヘアアクセサリーも黒か白いものが無難です。

・パンプスは飾りがついていたり艶がある素材は避け、シンプルな黒系のものを履きます。





»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ