家族葬|葬送なびで検索|通夜・葬儀での遺族・親族の服装マナーについて〔仏式・神式〕|女性/略礼装|201311-No5

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.13

通夜・葬儀での遺族・親族の服装マナーについて〔仏式・神式〕




5/女性 略礼装


一般の参列者として弔問するときや急な訃報のとき、三回忌以降の法要の際に着用します。前回(4週目)取り上げた「準礼装」はブラックフォーマルでしたが、「略礼装」とされる装いは制約が少ないことが特徴です。しかし、その分華美にならないように注意が必要です。



●略礼装のポイント

・黒以外でも濃いグレーや濃紺など、地味な色ならば可。

・スーツやワンピース、アンサンブルのように上下同素材でなくとも、黒のブラウスとスカートなど単品同士のコーディネイトでも差しさわりはありません。ただしカジュアルすぎるデザインや、素材には十分に気をつけましょう。

・靴やアクセサリー、バッグも華美にならないように。特にバッグについているバックルや裏地などは見落としがちです。





»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ