家族葬|葬送なびで検索|香典・不祝儀袋|選び方・書き方・包み方|201312-no2

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.14

香典・不祝儀袋について




2/不祝儀袋の選び方・書き方・包み方


□不祝儀袋の選び方

●宗教・宗派によって決まりごとがあります。訃報を受けた時に「ご主旨は?」と確認をし、失礼の無いように心がけましょう。

●包む金額が5千円以下の場合は、水引が」印刷された不祝儀袋を選びます。印刷された水引は5本が一般的で、他に7本、10本があります。本数が多いほど各上になります。また、包む金額が1万円~2万円なら印刷されていない水引の袋、3万~5万円なら双銀の水引、10万円以上なら大判でひだのある袋というように、包む金額によって袋の格をあげます。


□書き方の共通マナー

●氏名は薄墨の筆ペンか、筆を使って書きます。ボールペンや万年筆はマナー違反です。

・個人で包む場合……フルネームで書きます。

・夫婦で包む場合……フルネームで夫を、その左側に妻を名前のみ書きます。

・連名で包む場合……上下関係がある場合は右から地位が高い順に書きます。

・会社や団体で包む場合……表書きは「〇〇一同」などとし、

             別紙に名前を記入して中に入れます。

●中袋の裏に、金額・住所・氏名を書きます。金額は漢数字(壱・弐・参など)で書くのが基本です。


□仏式のマナー

・水引………黒白または双銀(銀1色)の結び切り

・表書き……御香典、御霊前、御香料、御香華料、御弔料、御仏前、御供、など

      浄土真宗に関しては、「御仏前」を用います。

      一般的に「御仏前」は四十九日後に使われる表書きですが、

      浄土真宗では「往生即成仏」の考えから「ご霊前」は使いません。


□神式のマナー

・水引………双白(白1色)または黒白や双銀の結び切り

・表書き……御玉串料、御榊料、御霊前、御神前、など

      ハスの花の絵柄は仏式のものです。神式には使用できません。


□キリスト教式のマナー

・水引………なし。白無地の封筒、または十字架やユリの花の絵柄がついているもの。

・表書き……御花料

      カトリックの場合は「御ミサ料」、

      プロテスタントの場合は「弔慰料」と書く場合もあります。


□不祝儀袋の包み方

●上包みの裏側の折り返しに注意して包みましょう。

●弔事の場合、「悲しみを流す」の意味で、上の折を下の折にかぶせます。慶事と逆になりますので気をつけましょう。





»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ



週刊葬送なび vol.22 お悔やみの言葉

   1/訃報の知らせを電話で受けたとき

     »(1)親戚・親しい友人が亡くなった知らせ

     »(2)親しい友人の家族が亡くなったとき

     »(3)一般的な知人、その家族が亡くなったとき

     »(4)子供の級友の親族が亡くなったとき


   2/通夜・葬儀でのお悔やみの言葉

     »(1)受付けでのお悔やみの言葉

     »(2)通夜や葬儀でよく使われるお悔やみの言葉

     »(3)故人と対面したとき

     »(4)高齢の方が亡くなったとき

     »(5)事故・急死で亡くなったとき


週刊葬送なび vol.21 タブーな言葉「忌み言葉」

     »1/忌み言葉とは

     »2/忌み言葉の数々




〈葬送なび通信〉では一般的なマナーを取り上げていますが、宗教・宗派や地域によりしきたりが異なる場合があります。また、「香典」とは仏式の呼び方で他の宗教では呼び方が異なります。