家族葬|葬送なびで検索|お悔やみの言葉/通夜や葬儀でよく使われるお悔やみの言葉|201408-no2

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.22

お悔やみの言葉




2/通夜・葬儀でのお悔やみの言葉(2)


●通夜や葬儀でよく使われるお悔やみの言葉


ご不幸のあった家族との親密度にもよりますが、一般的にはあまり長くならないようにお悔やみの言葉を伝えます。


〇例1

このたびはまことにご愁傷様でした。謹んでお悔やみを申しあげます。


〇例2

このたびはご愁傷様でございます。大変お辛いでしょうが、お力落としされませんように。


〇例3

このたびはご愁傷様です。あまりにも突然のことで悲しみにたえません。心よりお悔やみ申しあげます。


〇例4

このたびはご愁傷様でございます。急なことでお慰めの言葉もございません。心よりご冥福をお祈り申しあげます。


なお、遺族になんと言葉をかけたらいいかわからない場合は、「心中お察しします。」と言葉少なく伝えます。

故人と親しくしていた場合は、お悔やみの言葉を伝えた後に「私にお手伝いできることがありましたら、遠慮なく申し付けてください」と一声かけましょう。 遺族は悲しむ間もないほどに忙しく過ごしています。遺族の方への心配りを忘れないようにしましょう。



»親戚・親しい友人が亡くなった知らせを電話で受けたとき

»親しい友人の家族が亡くなった知らせを電話で受けたとき

»一般的な知人、その家族が亡くなった知らせを電話で受けたとき

»子供の級友の親族が亡くなったとき

»受付けでのお悔やみの言葉

»通夜や葬儀でよく使われるお悔やみの言葉

»故人と対面したとき

»高齢の方が亡くなったとき

»事故・急死で亡くなったとき



»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ



週刊葬送なび vol.21 タブーな言葉「忌み言葉」

     »1/忌み言葉とは

     »2/忌み言葉の数々


週刊葬送なび vol.14 香典・不祝儀袋について

     »1/香典の由来は

     »2/不祝儀袋の選び方・書き方・包み方

     »3/香典の渡し方

     »4/香典の相場




▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  
掲載のお申し込みはこちらから