家族葬|葬送なびで検索|お悔やみの言葉/故人と対面したとき|201408-no3

■サイトマップ

家族葬をご希望なら〈葬送なび〉で検索

〔PR〕

掲載のお申し込みはこちらから

▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  

vol.22

お悔やみの言葉




2/通夜・葬儀でのお悔やみの言葉(3)


●故人と対面したとき


故人と親しかった場合、遺族から故人との対面をすすめられる場合があります。そのような場合は、「ありがとうございます。お別れをさせていただきます」とあいさつし、対面します。 なお、故人や遺族ととても親しい間柄であっても親族でない場合は、対面を参列者の側から申し出ることは控えましょう対面をすすめられても辛くてできない場合は、「お目にかかるのは辛すぎます」などの言葉でお断りしましょう。

対面のマナーは次の通りです。故人の枕元に近づいて一礼します。遺族が顔の白布をはずしてくれたら、少し近寄って軽くのぞくように対面します。遺体に合掌して一礼し、次に遺族に一礼してから後ろに下がります。 対面した後にお悔やみの言葉をかけますが、親しい間柄でも長々と話すことは控えましょう。死因や病気のことなどを話すことも控えます。


〇例1

穏やかなお顔ですね。心からお悔やみ申しあげます。


〇例2

穏やかなお顔ですね。お辛いでしょうがお気を落とされませんように。


〇例3

安らかに眠っているようなお顔ですね。


〇例4

きれいなお顔ですね。



»親戚・親しい友人が亡くなった知らせを電話で受けたとき

»親しい友人の家族が亡くなった知らせを電話で受けたとき

»一般的な知人、その家族が亡くなった知らせを電話で受けたとき

»子供の級友の親族が亡くなったとき

»受付けでのお悔やみの言葉

»通夜や葬儀でよく使われるお悔やみの言葉

»故人と対面したとき

»高齢の方が亡くなったとき

»事故・急死で亡くなったとき



»バックナンバーを見る

»週刊・葬送なびトップページへ



週刊葬送なび vol.21 タブーな言葉「忌み言葉」

     »1/忌み言葉とは

     »2/忌み言葉の数々


週刊葬送なび vol.14 香典・不祝儀袋について

     »1/香典の由来は

     »2/不祝儀袋の選び方・書き方・包み方

     »3/香典の渡し方

     »4/香典の相場




▶トップページへ   ▶週刊・葬送なびトップページへ   ▶前のページに戻る

  
掲載のお申し込みはこちらから